~ロリクステッドの小さな家~

1話 旅立ち

大戦中、アルドメリの脱走兵として、仲間と逃げまわった生活も終わり、ひとり、宛もなくスカイリムへやってきたリュシアン。無謀な旅の途中、忠実な友セオラング、そして、未知の洞窟に長年閉じ込められていたサーシャと出会い、彼の心にやっと平穏が訪れた。そして、その日も穏やかな一日になるはずだった。

168
リュシアン「サーシャ!!大変だ!」

162
サーシャ「朝からどうしたの?大きな声出して…」

161
リュシアン「か、金が…ないんだ…盗まれた…
サーシャ「ええ?!」

160

リュシアン「昨日は確かにあったんだ!…何か変な音とか聞かなかったか?変わったことはあったか!?」

155

サーシャ「ううん…わたしは家にずっと居たけど、何もなかったと思うわ、リュシアンは昨日はどうしてたっけ?」

156

リュシアン「え、…とホワイトランへ行って…」

167

「グレイメーンのじいさんに、鎧を整備してもらったのを取りに行って…」

166

「バナードメアで食料を買って(一杯飲んで)」

152「雑貨屋で、服と本、オノ…リンゴを買って」

153

「……セオラングの首輪とお肉…」

154

あ、あと蒔、えーと、ハンツマンで弓矢とナイフ…」

159

「…ハッ!」

163
リュシアン「大丈夫だ!盗まれてなんかなかった!ぴったり計算が合うぞ!」
サーシャ「なんだー!うふふ、よかった~!」

164

セオラング「…………(よくねえ!!!)」

リュシアン無職(50)の仕事探しがはじまる…(たぶん)

1
Share on FacebookShare on TumblrTweet about this on Twitter


2 thoughts on “1話 旅立ち”

  • どうも!いつもお世話になっています。フロッグです!

    それにしてもまさかジリ貧夫婦物語とは・・・!w
    これからどうやって家計を守っていくのか!とても楽しみです!

    がんばれ!リュシアン! まもれ!リュシアン! 家族の命運は君にたくされているぞ!w

    • いつもお世話になってますヽ(o´д`o)ノこちらでもありがとうございます!そうそう、良く考えたらリュシアン、仕事してなかったのでかなり貧乏ですw家計とサーシャさんを守りつつ、新キャラ君も絡んで、さらに苦労する予定ですw

      またブログのほうリンクさせていただきますね~ヽ(´Д`ヽ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。